HOME > 症例集 > 審美歯科

審美歯科

ポーセレンクラウン Case1

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。

  

笑うと歯茎がたくさん見えています。
かぶせの色が他の歯とあっていません。(保険のかぶせの場合、多くはレジンが表面に盛ってあるため、レジンの物性上、変色や着色が起こる場合があります。)
歯茎が下がり、かぶせと歯茎の間に、歯の根が見えてしまっています。(かぶせをする場合、色や形を合わせるのは当然ですが、それと同じくらいに“適合”ぴったり合っているかが、非常に大切です。
適合が悪ければ、掃除がしにくく、歯茎に炎症を引き起こし、歯茎が下がる原因にもなります。)

  

歯周外科により、歯茎の見える量を調整し、オールセラミッククラウンで修復を行いました。

  

周りの天然の歯と調和した、自然な仕上がりとなりました。

  
  

2番目と3番目の歯と歯の間の隙間はコンポジットレジン修復を行いました。
歯と歯茎の見える量のバランスが良くなり、審美性も改善されました。