症例集|浜松でインプラントなどの高度歯科治療、コミュニケーションを大切にした治療を行う歯医者「石川歯科」

Cases 症例集

The 4-D Concept 4-D コンセプトとは

4-D コンセプトとは

インプラント治療の新しいコンセプト
「三次元考察」+「一次元(時間・タイミング)」というアプローチで、
低侵襲かつ審美性を重視した「補綴主導型インプラント治療」を実現します

インプラントは、歯を失った場合に大変有効な治療法です。
しかしながら、単にインプラントを埋入しただけで、元通りの健康的な口元が再現されるわけではありません。インプラント治療でよくある失敗は、患部に歯を埋めたけど、退縮した歯肉から人工歯が浮いてしまい不自然な見た目となってしまうことです。また、痩せた歯槽骨に無理やりインプラントを埋入した結果、噛み合わせが悪化したり、インプラントが脱落したりするなど治療後のコンディションが長持ちしないことなどがあげられます。

いうまでもなく歯やそれを支える歯槽骨や歯肉、上下の歯の噛み合わせは三次元で立体的に構成されています。
ですから、手前と奥・外側と内側・上下・左右まで、健康的な立体形や弾力に形成できるよう、歯を支える歯槽骨や歯肉などの歯周組織を導いていく必要があるのです。
それを実現するために、インプラント治療の成功には、3-D(三次元的埋入位置と周囲組織の三次元的考察)が欠かせないと近年は考えられています。

しかし、日々変化していく口腔の環境を管理していると、この3-Dだけでは適切な治療を実現するに至らないことが多々あります。
そこで当院では、一歩進んだインプラント治療「4-D コンセプト」を取り入れた治療を行っています。

当院が治療の指針としている「4-D コンセプト」とは、三次元(3-D)にさらにもう一次元「治療のタイミング(時間)」を加えた、四次元的な観点から治療を行うものです。より質の高いインプラント治療を実現することが最大の目的です。

具体的には、より低侵襲で、長持ちして、天然歯と遜色ない自然な見た目の歯と歯肉を再現する「補綴主導型インプラント」実現のために、より丁寧に患部を診察し、治療の方法と時期と期間を見極めることが重要なのです。

4-D コンセプトで考慮すべき時間軸

  • 抜歯の時期は?
  • 歯槽骨の量は充分か?増大治療をする場合、その方法は?いつ行なうのか?
  • インプラント埋入の時期は?(抜歯即時埋入・PET・早期埋入・待時埋入など)
  • アバットメント接合・二次手術を行うか?その方法と時期は?
  • ティッシュスカルプティング(歯肉の形成治療)の時期や期間は?
  • 最終補綴装置の装着時期は?

4-D コンセプトにおける相関(The 4-D Concept for Esthetics Implant Therapy)

抜歯」「インプラント埋入」「ティッシュマネジメント(歯肉の再生・形成などの治療)」これら3つの治療を「適切なタイミング」で行います。

4-D コンセプトにおける相関

Typical cases 代表的な症例

当院で行った治療のうち、代表的な難症例をご紹介します。
これらはインプラント学会や論文などにより世界にも紹介されています。

症例01 多数歯欠損症例(44歳・女性)

Before 症例01 多数歯欠損症例(44歳・女性) before
After 症例01 多数歯欠損症例(44歳・女性) after

44歳の女性。初診時には重度の歯周病と虫歯が進行し、前歯を中心に多くの歯が欠損していました。

症例02 少数歯欠損(20代・女性)

Before 少数歯欠損症例(20歳・女性)Before
After 少数歯欠損症例(20歳・女性)After

20歳の女性。5か月前の交通事故による怪我で歯を数本喪失していました。

症例03 骨造成(23歳・男性)

Before 症例03 骨造成(23歳・男性) before
After 症例03 骨造成(23歳・男性) after
Before 症例03 骨造成(23歳・男性) after
After 症例03 骨造成(23歳・男性) after

23歳の男性。前歯の外傷と感染による重度の骨欠損により、噛み合わせの不良を生じてしまいました。

症例04 再生歯科医療(36歳・男性)

Before 症例04 再生歯科医療(36歳・男性) before
After 症例04 再生歯科医療(36歳・男性) after
Before 症例04 再生歯科医療(36歳・男性) before
After 症例04 再生歯科医療(36歳・男性) after

36歳の男性。重度の歯周病による歯の動揺と排膿を主訴として来院されました。

リスク・副作用などについて

・紹介されている症例は、いずれも患者さま固有の治療であり、すべての方に適応するわけではありません。
・インプラント・セラミック治療などは保険適用外・自費診療となります。具体的な治療費用は各症例をご参照・ください。
・インプラント・歯周外科治療は手術であり、矯正や審美治療を含め、治療には少なからずリスクや副作用が存在します。詳しい説明は、各症例ページをご確認ください。

page-top