HOME > 診療項目 > 審美歯科

審美歯科

審美歯科とは

欧米では食べる、話すという機能だけではなく、いかに審美的であるか、いかに魅力的にスマイルできるか、ということが非常に重要視されています。近年、日本でもその傾向が高まってきています。
石川歯科では「噛む機能」を優先させた上で、「いかにしたら美しく見えるか」という審美性を追求。トータルな美をつくるひとつの手段として、歯科治療を位置づけ、歯を白くする、歯や歯茎の形を整える、歯並びを改善するなど、美しい自然な口元づくりのために力を注いでいます。

審美補綴

審美補綴は「かぶせる」「つめる」際に使用する補綴物(つめもの)を天然歯の外観と変わらないセラミックなどの補綴物を利用することで、本物の歯のように自然な仕上がりにするものです。

金属のフレームを使用しない最新技術のセラミックスです。天然の歯に近い透明感や、生体親和性に最も優れ、歯ぐきにも優しい治療です。
また、プラスチックと異なり汚い変色が無く、金属アレルギーの心配もございません。

歯の表面に、付け爪のようにセラミックを貼り付けます。 歯を削る量が少なく、色あい、形を綺麗な歯に出来ます。
噛み合わせによっては適さない場合もありますので、一度診療の必要があります。

ホワイトニング ピーリング

メラニン色素の沈着、タバコなどで、黒くなってしまった歯茎(歯ぐき)を特殊な薬液を使い、自然な色に戻す治療です。
歯を奇麗にしたら、口腔内全体を綺麗にするため歯茎も重要なパーツのひとつです。黒ずんだ歯茎より、健康的なピンク色の歯茎の方が顔色もよく見えます。また、歯茎の色だけでも口元の印象は大きく変わります。
たばこを吸われる方や口呼吸する方は、歯茎に刺激が加わっているためにメラニン色素の沈着が起こりやすいです。 その原因をなくさない限り再発は起こりますので、定期的なケアをオススメします。

ホワイトニングは、歯の表面を漂白して白くする方法です。
漂白に使用するブリーチング剤は過酸化尿素を主原料としており、人体に悪影響はありません。
ホワイトニングはご自宅で行う「ホームホワイトニング」と歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」の2種類がございます。

ホームホワイトニング オフィスホワイトニング
長期間 短期間
理想的な白さを出す事が若干難しい 理想的な白さを出しやすい
患者様自身で行う 衛生士が行う

ホームホワイトニングは期間が、かかりますが持続性が高いです。また、患者様自身で行って頂くため理想的な白さを出す事が若干難しいです。
それに対し、オフィスホワイトニングは歯科医院で専門の衛生士が行うため理想的な白さを出しやすいです。
また、期間も短く即効性があるため急ぎで白くしたい患者様にオススメです。