HOME > 症例集 > 審美歯科

審美歯科


総合的な審美修復症例

総合的な審美治療 Case1

 

 

反対咬合と不良補綴物による審美的、機能的障害。

総合的な審美治療 Case2

 

 

上顎前歯の審美的、機能的修復を希望

総合的な審美治療 Case3

 

 

52歳女性  
審美障害

総合的な審美治療 Case4

 

 

   


レーザー治療によるレーザーの当てすぎにより歯肉が壊死してしまい 歯根露出してしまった症例。
歯周形成外科とラミネートベニア使用による審美歯科治療により 美しいスマイルが獲得されました。

総合的な審美治療 Case5

 

 

真ん中に隙間があり、隣の歯も自然な形をしていませんでした。
簡単な矯正治療後、歯茎のラインを修正し、前歯4本にセラミック修復を行ないました。

総合的な審美治療 Case6

 

 

歯の位置異常、ひと目で作り物とわかる修復物、歯茎の退縮、右上側切歯(真ん中から2番目の歯)の欠損が認められます。
矯正、歯周形成外科、セラミック修復を行なった歯の中心が顔の中心に調和し、左右の対称性と自然感が得られました。

総合的な審美治療 Case7

   

4本のセラミッククラウンが装着されています。

前歯4本に審美障害があります。
単純に色を白くすればいいというものではありません。
必要に応じて矯正、歯周形成外科を行い、歯の位置、骨、歯茎、歯の形、色を改善します。
最良の結果を得るためには、歯科技工士の技術も非常に重要です。

総合的な審美治療 Case8

 

 

(左図説)歯茎が薄く、変色した根の色が歯茎を通して透けて見えています。
またかぶせの色も周囲の歯の色と合っておらず、審美性に問題があります。

(右図説)ただかぶせをやり代えるだけではなく、歯周形成外科(歯肉移植)を行うことにより、薄い歯茎を厚くし、根の色を隠すことで、より審美的な結果が得られました。
セラミック材料、接着歯学、歯科技工技術の進歩により我々プロでも判別が困難なくらい美しく自然な修復治療が可能になっています。

コンポジットレジン修復

歯を大きく削合せずに歯科用樹脂を詰めて修復する方法です。今までのコンポジットレジン修復(保険適応内)は、選択できる色の種類も少なく(多くの場合が単色)、歯の色を再現することが難しい場合が多くありました。しかし、現在の自由診療でのコンポジットレジン修復は、選択できる色も豊富で、時間をかけて少しずつ樹脂を詰めていくことで、歯の色や形をより自然に美しく仕上げることが可能となりました。

コンポジットレジン修復 Case1

 

 

40代 女性
食事中に右上前歯の詰め物が欠けた。

古いコンポジットレジンの詰め物とその下の虫歯を除去し、コンポジットレジンにて詰め直ししました。

コンポジットレジン修復 Case2


 

 

咬み合わせの強く当たるところや、残っている歯の壁が少ない場合は適応とならない場合があります。

コンポジットレジン修復 Case3

 

 

10代 男性 転倒し歯が欠けた

コンポジットレジン修復 Case4

 

 

40代女性 以前詰めた白い詰め物が欠けた

ポーセレンインレー

ポーセレンインレー Case1

   

  

金属色に抵抗がある方、金属アレルギーの方に最適なポーセレンインレーの治療例です。 30代 女性

大臼歯の金属を除去し形を整えました。 右の画像がーセレンインレー装着後です。治療の跡がわかりますか?金属色に抵抗がある方、金属アレルギーの方に最適です。

ポーセレンインレー Case2

 

 

セラミック(ポーセレン)修復
以前に保険で金属の修復をしたが、口を開けると見えるので、やり変えたいとの相談で来院。
金属を撤去し、虫歯の処置を行ったあとにセラミックによる修復を行いました。

お口を開けると金属色が見えるのと、自然な白い歯が見えるのとでは、見た人に与える印象も違ってきますね。

ラミネートベニア

ラミネートベニア Case1

  

  

  

前歯の間に隙間があります。
前歯2本の表面をわずかに切削し、ポーセレンラミネートベニアを歯の表面に接着して修復を行いました。

ポーセレンクラウン

ポーセレンクラウン Case1

 

 

「前歯のかぶせをやり替えたい。笑うと歯茎がたくさん見えるのはどうにかならないのか?

ポーセレンクラウン Case2

  

  

前歯2本が茶色く変色し、笑うと歯茎が多く見えてしまう(ガミースマイル)

ポーセレンクラウン Case3

 

 

      

ポーセレンクラウン Case4

 

 

50代 女性 右上前歯(差し歯)が土台ごと折れた。

ポーセレンクラウン Case5

 

 

40代 男性 前歯の差し歯のやり換えを希望

ポーセレンクラウン Case6

 

 

70代女性 差し歯のやり換えを希望

かぶせと歯茎の間に段差や虫歯があったり(適合精度の問題)、
かぶせの形や色に問題があります。

ポーセレンクラウン Case7

  

  

コンポジットレジンで理想的な幅と方向に

ポーセレンクラウン Case8

  

  

前歯の審美障害を主訴に来院。

ポーセレンクラウン Case9

  

  

50代 女性 前歯のさし歯をやり変えたい

ホワイトニング

ホワイトニング(歯牙漂白) Case1

  

  

  

専用のトレー(マウスピース)を用いて、週2~3回、期間1~2ヶ月程度自宅で行って頂きます。期間や色の変化には個人差があります。ホワイトニング剤の影響として、使用期間中の知覚過敏等の症状が現れる場合がございます。

ホワイトニング(歯牙漂白) Case2

 

 

40代 女性 ホワイトニング希望

「全体的に色が茶色く、気になる。」
約一ヶ月間のホームホワイトニングを行いました。
※効果には、個人差があります。


歯周形成外科

歯周形成外科 Case1

 

 

 

歯周形成外科 Case2

 

 

40代 女性
歯肉の疼痛および前歯の審美障害
笑うと歯茎が見える

歯茎は腫れ、かぶせ物の状態も良くありません。
歯茎と歯の形態のバランスが悪く、審美的に問題があります。

歯周形成外科 Case3

 

 

「前歯のかぶせをやり替えたい。笑うと歯茎がたくさん見えるのはどうにかならないのか?

歯周形成外科 Case4

 

 

40代 女性 主訴:前歯のかぶせをやり変えたい (以前修復した右上のかぶせの色が気になる。)

かぶせの色が隣の歯の色と合っておらず、歯茎が下がって、かぶせと歯茎の境目が茶色く目立っています。

歯周形成外科 Case5

 

 

40代女性 かぶせをやり換えたい。
笑った時に口唇が上がり、かぶせとの境目が目立って見えます。

歯周形成外科 Case6

 

 

20代 女性 主訴 「前歯のかぶせをやり変えたい。」