HOME > 症例集 > 歯周形成外科

歯周形成外科

歯周形成外科 Case4

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。

  

根が露出してしまった部分へ、歯肉移植を行うことにより、かぶせの境目はわからなくなり、歯茎の厚みが増したことで下がりにくく、審美的な状態が長期に維持されることが期待できます。

  

歯肉移植によって歯茎の位置を修正し、オールセラミッククラウンで修復しました。