HOME > 診療項目 > インプラント

インプラント

インプラントとは?

歯周病やむし歯で歯を失ってしまった場合、噛んだり話したりする機能を回復させるための治療が必要となります。1~3本の場合はその両隣の歯を支えにしてブリッジを掛けるのが一般的で、数本あるいは全部の歯を失ってしまった場合は、取り外し式の入れ歯を入れなければなりません。しかし、ブリッジは健全な歯であっても削らなければなりませんし、入れ歯は天然の歯と同じような噛みごたえを得ることが難しいなど、問題も少なくありませんでした。
インプラントとは、生体親和性が高いチタンでできた人工歯根を顎骨に埋め込み、3~6ヶ月を経て骨と直接結合させた後、歯冠を作製する治療法です。簡単な手術が必要ですが、自分の歯と同じような感覚で快適に噛むことができるようになります。

インプラントの治療技術は臨床応用されはじめて35年以上の歴史があり、さらに年々進歩を遂げ、より美しく機能的な修復が可能となっています。現在、インプラントの成功率は95%以上。非常に信頼性の高い治療方法として世界的に認められています。
従来の治療方法と比較し、インプラントには多くのメリットがあります。まず第一に、『良く噛める』ということ。ご自身の歯のようにしっかりと噛め、好きなものを自由に食べることができます。同時に『噛み合わせも安定』します。また、『容貌が改善できる』ため『若返り』も期待でき、それにより『精神的な自信の回復』にもつながります。さらに、『現存する骨の吸収を防ぐ』ことができます。

歯周病治療とインプラント

残った歯だけでは十分に咬む力を受けられない場合はインプラント治療によって機能と審美性を回復します。それにより残った歯の負担を減らすことが可能となり、長持ちさせることができるようになります。歯を失った部分のみに注目してインプラントを埋入してもよい結果はえられないことも多いのです。歯周治療とインプラント治療は密接につながっています。またつながっていなければなりません。歯を喪失した原因が歯周病であれば、残っている歯も歯周病にかかっている可能性が高く、それらの治療を徹底して行うことが大切です。もし残存歯を治療せずインプラントだけ行う歯科医がいたとしたら問題です。石川歯科ではお口全体をトータルで治療し、お口の健康を守ることが全身の健康につながると考えています。

より多くの方へインプラント治療を

以前は、顎骨の高さや幅が少ない場合にはインプラント治療を断念しなければなりませんでした。 現在では骨を再生する技術、骨移植、GBR法(歯槽骨増大法)やサイナスリフト(上顎洞底挙上術)などが開発されています。当院では、より多くの患者さんにインプラント治療が可能となりますよう、これらの治療技術を備えております。

インプラント治療の流れ

インプラントを埋め込む顎の骨の量や質、形を診査するため、お口の中の型を取ります。CT/レントゲン撮影を行います。

麻酔をしてから、骨を削りインプラントを埋め込み、蓋を取り付けて粘膜を閉じます。
※1回法の手術の場合は大きめの蓋を取り付け、お口の中にその蓋が見えるようにして手術を終了し、2次手術は行いません。

2回法を選択した場合には、治癒期間終了後粘膜を開けて、大きい蓋に取り替える2次手術を行います。
※1回法の場合には不要です。

治癒したところで、仮歯を作り、実際に使用していただきながら形態や装着感などを確認します。
かみ合わせや強度に違和感があれば主治医と相談し、本歯の作成に向けてデータを集めていきます。

仮歯の装着で得た情報を基に最終的な本歯用の型を採り、歯並びや色をチェックして作成します。
作成した本歯を装着し、治療が完了します。

治療が終わった後、ご自身でのケア、歯科医院で定期検査を行って頂く事で埋入したインプラントが長く持ちます。

インプラント治療コンセプト